コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロティヒウス ロティヒウスLotichius Secundus, Petrus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロティヒウス
Lotichius Secundus, Petrus

[生]1528.11.2. ニーダーツェル
[没]1560.10.22. ハイデルベルク
ドイツのラテン語詩人。マールブルク大学で医学を学び,1557年ハイデルベルク大学の医学および植物学の教授となる。その間シュマルカルデン戦争にも参加。ウェルギリウスの作風にならった感情豊かな表現力のある抒情詩人で,浮き沈みの激しい自分の生涯をラテン語でいきいきと描き出した。主作品『ポエマータ』 Poemata (1563) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロティヒウスの関連キーワードグリューネワルト享禄ナルバエスパラケルスス薬師寺明智光秀犬筑波集王陽明大内義興カブラル

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android