コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナルバエス ナルバエス Narváez, Luys de

5件 の用語解説(ナルバエスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナルバエス
ナルバエス
Narváez, Luys de

16世紀スペインビウェラ奏者,作曲家。ギターに似た楽器ビウェラの名手として国王フェリペ2世に仕え,1538年ファンタジア変奏曲を含むビウェラの曲集を出版した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ナルバエス
ナルバエス
Narváez, Pánfilo

[生]1480? バリャドリド
[没]1528
スペインの探検家。 1498年頃新大陸へ渡り,1511年のキューバ征服に参加,20年 H.コルテスを逮捕するためメキシコへ派遣されたが,逆に捕虜となった。 26年フロリダ総督に任命され,フロリダ半島を探検したが帰途メキシコ湾行方不明となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ナルバエス

スペインの軍人,政治家。バレンシア公。カルリスタ戦争イサベル2世を支持,のちエスパルテロの独裁に対する軍の反乱を組織して成功した。1844年以後5回組閣。1845年反動的憲法を制定して独裁的政治を行い,摂政マリア・クリスティナ派と対立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ナルバエス【Ramón María Narváez】

1800‐68
スペインの軍人,政治家。バレンシア公。アンダルシアの名門の出。15歳で軍隊に入り自由主義の影響を受け,第1次カルリスタ戦争での活躍で,1836年陸軍少将に昇進し,38年代議士に初当選。自由主義勢力の中で進歩派のエスパルテロ将軍に対抗する穏健派の中心人物となる。同年秋セビリャで蜂起し政権を要求したが,逆に進歩派の名声が上がり,フランスへ亡命。40年エスパルテロの蜂起で摂政マリア・クリスティナが追放されると,フランスで反エスパルテロ陰謀を画策し,43年バレンシアに上陸,クーデタを宣言してマドリードに入城,エスパルテロ軍を破った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナルバエス
なるばえす
Ramn Mara Narvez
(1800―1868)

スペインの軍人、政治家。カルリスタ戦争における活躍で陸軍准将(1836)になり、その後政界に入る。初めは進歩派に近い立場をとっていたが、エスパルテロと対立して穏健派に移った。エスパルテロの摂政(せっしょう)期には亡命し、1843年のクーデター成功ののちは穏健派の指導者的存在となる。1844年以降68年まで、途中2年間の進歩派政権、オドンネルの5年にわたる政権などを挟んで、数次にわたって政権を担当した。政策の特徴は、行財政のうえでも、治安の面でも、国家を強化するところにあり、ヨーロッパ全体を襲った1848年革命をスペインで防止する一方、カルリスタ蜂起(ほうき)の鎮圧にも力を振るう。また教会財産の没収で悪化したローマ教皇庁との関係を修復した。長期にわたる政権は政治的腐敗をもたらし、反穏健派の運動が高揚するなかで、1868年4月23日死去。彼は、「統治とは革命を阻止することである」との信念をもってイサベル体制を支えた中心的存在であり、彼の死から5か月後にイサベル王政は倒れた(九月革命)。[中塚次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のナルバエスの言及

【スペイン】より

…続く穏健派政府は,成年に達したイサベル2世治下の政局の安定を目ざして,数々の近代化政策に着手していった。44年に政権を握った穏健派の領袖ナルバエス将軍は,翌45年,憲法を発布するとともに,治安警察Guardia Civilの創設(1844)をはじめ中等教育の制度化,近代的行政官僚機構の設置などの中央集権化政策を徹底させ,さらに進歩派の時代に亀裂が生じたローマ教皇庁との間にコンコルダートを結び(1851),関係の修復にも努めた。また,後にスペイン社会の重要問題となる,地方ボスをはじめとする寡頭支配(カシキスモcasiquismo)の基盤が形成されていったのもこの頃である。…

※「ナルバエス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナルバエスの関連キーワードアヤラバレンシア大聖堂組曲「スペイン」スペイン奇想曲スペインの歌スペインの時スペインの庭の夜スペイン舞曲集スペイン国立バレエ団バレンシアの熱い花

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナルバエスの関連情報