禁裏御倉(読み)きんりおくら

世界大百科事典 第2版の解説

きんりおくら【禁裏御倉】

中世,禁裏の金銭・年貢米などの出納,御物保管,必要金の用立て,酒饌の進献などを行った御用の土倉(どそう)のことで,上下二つの土倉が任命された。名義は近世にも残り,明治維新まで及んでいる。また,その職掌,身分としての禁裏御倉職をいう場合もある。律令官衙機構が衰退した結果として,朝廷の金融や信託業務,財宝の保管など禁裏財政の主要部分を,特定の土倉を指定して請け負わせたもので,室町幕府の公方御倉と同様のものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android