ロバート・アレクサンダー ワトソン・ワット(英語表記)Robert Alexander Watson-Watt

20世紀西洋人名事典の解説


1892.4.13 - 1973.12.6
英国物理学者
元・国立物理学研究所無線研究室室長。
ブリーキン(スコットランド)生まれ。
ダンディー大学、セント・アンドリューズ大学に学び、1912〜19年ダンディー大学で教え、’33年国立物理学研究所無線研究室長。’38〜52年航空・運輸省の通信関係を指導。’41年渡米。’43〜45年イギリス戦時内閣ラジオ放送部副部長。イギリスのレーダー(電波探知機)の開発の最初の指導者となり、実用的な航空機探知装置を製作。戦闘機による他機の探知、偵察機によるUボートの正確な位置の探知、味方同士の確認改善などの利用法を開発。又、高出力受信機、送受信アンテナなどを開発。レーダー技術の基礎を築く。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android