ロバート・M. ラ・フォレット(英語表記)Robert Marion La Follette

20世紀西洋人名事典の解説

ロバート・M. ラ・フォレット
Robert Marion La Follette


1855 - 1925
米国の政治家。
ウィスコンシン州出身。
弁護士を経て政界に入り、1885〜91年連邦下院議員から、1900年ウィスコンシン州知事。公務員制度の改革、鉄道統制、所得税制、直接予選制など、州政治の合理化及び近代化を図り、同州と彼の改革案は「民主主義の実験室」「ウィスコンシン案」と呼ばれ、他州の手本となった。’07年上院議員を務め、中央政界においても共和党リベラル改革派のリーダーとして活躍、鉄道の国有化や労働組合の団結権・団体交渉権の公認などを主張する。20世紀初頭の「プログレッシビズムの時代」を代表する革新主義政治家。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android