ロビ族(読み)ロビぞく(英語表記)Lobi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロビ族
ロビぞく
Lobi

西アフリカのブルキナファソ南西部,ボルタ川流域を中心に居住する民族。トウジンビエモロコシの栽培を中心とする農耕民であるが,狩猟も行う。ニジェール=コルドファン語族のグル語系の言語を話す。また,手のひら大の木笛を用いて,その音の高低による笛言葉でメッセージの伝達を行う。社会組織は血縁集団を基礎とし,全体は4つの胞族から構成され,日常生活や儀礼における相互扶助単位となる。西アフリカ内陸部の諸社会にみられるように,土地の掌握者であり大地祭祀の長である長老が,聖俗両方にかかわる指導者の役割を果す。 14世紀からイスラム教を受容するが,伝統的宗教も併存している。近年,隣接するコートジボアールへの出稼ぎ労働者が増加傾向にある。現在の人口約 15万と推定される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のロビ族の言及

【住居】より

…これは大きい円が小さい円を内包する形で重合したもので,屋根は草葺である。 矩形の住棟が複合化した例としてロビ族のコンパウンドがある。ロビ族の住居は細長いホールの両側に矩形の住棟が並列的に並んだもので,各部屋へは奥の厨房を介してアプローチする。…

【ブルキナ・ファソ】より

… 野生動物の減少が著しく,南部のポー,東部のアルリーを中心に,象,ライオン,野牛などの保護地区が設けられている。
[住民,社会]
 ブルキナ・ファソの住民は,ボルタ語族に属する言語をもつモシ族(約300万人),ロビ族およびダガリ族(約44万人),ボボ族(約42万人),グルンシ諸族(約33万人),グルマンチェ族(約28万人)等が過半数を占め,次いで西アトランティック語族に属する言語をもつフルベ族(約66万人),マンデ語族に属する言語をもつサモ族(約14万人),ビサ族(約13万人)から成る。とくに西部地方は小部族集団に分かれており,部族の単位のとり方にもよるが,ブルキナ・ファソ全体で60以上の部族集団があるとみられる。…

※「ロビ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android