コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロブソン山 ロブソンさんMount Robson

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロブソン山
ロブソンさん
Mount Robson

カナダ,ブリティシュコロンビア州東部の山。標高 3954m。カナディアンロッキー山脈中の最高峰。 1913年 A.マッカーシー,W.フォスター,C.カインらが初登頂に成功。周辺は,マウントロブソン州立公園に指定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロブソン山
ろぶそんさん
Mount Robson

カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州東部、ロッキー山脈中の高峰。標高3954メートルはカナディアン・ロッキーの最高峰。ジャスパー国立公園のすぐ北側にあり、マウント・ロブソン州立公園となっている。1913年、アメリカのA・H・マッカーシーが初登頂した。[大竹一彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ロブソン山の関連キーワードカナディアン・ロッキー[山脈]カナディアン・ロッキーズロブソン山州立公園ロッキー[山脈]ロブソン[山]

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android