コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロベルツス[ムラン] Robertus Meludensis; Robert of Melun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロベルツス[ムラン]
Robertus Meludensis; Robert of Melun

[生]?
[没]1167.2.27. ヘレフォード
12世紀のスコラ神学者。11世紀末イギリスに生まれ,オックスフォード,フランスのパリで学び,1137年頃ピエール・アベラールのあとを継いでパリ大学哲学教授となった。1142年ムランの学校に移り神学を教授。1148年ランスの教会会議三位一体論の異端説,三神論を唱えるジルベール・ド・ラ・ポレと論争。その思想はサン・ビクトルのフゴやアベラールを継ぎ,彼らの弁証法的方法を結合して伝統と思弁の調和をみせている。1160年頃ヘンリー2世によってイギリスに召還され,オックスフォードの主席司祭,次いでヘレフォードの司教となった。主著『聖なる書についての問題集』Quaestiones de divina,『パウロ書簡に関する問題集』Quaestiones de epistolis Pauli,『命題集』Sententiae。(→スコラ哲学

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロベルツス[ムラン]の関連キーワード震災避難者クリスチャンスボー城ジョンダマヤンジー寺院愚昧記平清盛ロンバルディア都市同盟泉忠衡院慶覚教

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android