コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヘンリー2世 ヘンリーにせいHenry II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘンリー2世
ヘンリーにせい
Henry II

[生]1133. ルマン
[没]1189.7.6. ツール近郊
イギリス,プランタジネット朝初代のイングランド王(在位 1154~89)。別名 Henry of Anjou,Henry Plantagenet,Henry FitzEmpress,Henry Curtmantle。父はアンジュー伯ジョフロア・プランタジュネ,母はイングランド王ヘンリー1世の娘マティルダ。1150年父からノルマンディー公領を受け,1151年父の死に伴いアンジュー伯を継承。1152年アキテーヌ公女エリナーと結婚,ポアトゥ,ギュイエンヌ,ガスコーニュを得,のちにフランス王ルイ7世と戦って領有したブルターニュを合わせて,フランスの西半分を手中に収めた。1153年スティーブン王の死により翌 1154年 21歳で即位,イングランド王となった。財政の整備,巡回裁判所の拡充,陪審制度および傭兵,民兵による国王直属軍の創設など,国内秩序の確立と王権の強化に努め,1171年アイルランド,1172年ウェールズ,1173年スコットランドを征討。対教会策では 1164年にクラレンドン法を制定し教会裁判権の制限を企図してトマス・ベケットと対立,トマス・ベケットを殺害させたことで非難を招いた。12世紀後半の西ヨーロッパの君主として最も有力,英明な人物の一人と評価されるが,晩年はフランス王ルイ7世との戦争や,領土相続権をめぐる王子たちの反乱に直面し,失意のうちに死んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

ヘンリー2世

生年月日:1133年3月5日
イングランド王(在位1154〜89)
1189年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ヘンリー2世の関連キーワードベケット(Thomas à Becket)ギルバート[センプリンガム]ロジャー[ポンレベック]スティーブン[ブロアの]ダーマット・マクマローエリナー[アキテーヌ]オックスフォード大学ソールズベリー(伯)ハインリヒ[獅子公]マリ・ド・フランスペンブルック(伯)ノーサンプトン勅令リチャード[1世]ジョン[欠地王]ヘンリー[2世]トールボット家エディンバラ城ウィンザー条約カッスルキープアード・リー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヘンリー2世の関連情報