コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロベールシ Roversi, Roberto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロベールシ
Roversi, Roberto

[生]1923. ボローニャ
イタリアの詩人,小説家。レジスタンスに参加した経験をふまえて文学の道に入った。 1955~59年,パゾリーニとともに前衛誌『オッフィチーナ』を主宰した。ペトラルカを母体とする伝統的手法に前衛的手法を取入れ,詩集『街の余白』 Il margine bianco della città (1955) ,『カンポフォルミオのあとで』 Dopo Campoformio (62) ,『進行中の記述』 La descrizione in atto (70) などを発表した。また,史実に取材した叙事詩的散文『ジョアッキーノ王の時代』 Ai tempi di re Gioacchino (52) ,『人間狩り』 Caccia all'uomo (59) のほか,小説『事件簿』 Registrazione di eventi (64) ,政治劇『ウンターデンリンデン』 Unterdenlinden (65) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロベールシの関連キーワードメナボー

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android