ロベール・ウーダン(読み)ロベールウーダン

百科事典マイペディアの解説

ロベール・ウーダン

フランスの奇術師。中世的な演出を改め,機械・電気を使った大掛りな奇術を考案,近代奇術の父といわれる。〈弾丸受けの奇術〉〈客からウサギを取り出す奇術〉などが有名。パリに〈魔術の殿堂〉を創設,解説書も著した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android