コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロベール・ウーダン Jean‐Eugène Robert‐Houdin

世界大百科事典 第2版の解説

ロベール・ウーダン【Jean‐Eugène Robert‐Houdin】

1805‐71
19世紀フランスの天才的奇術師,発明家。本名ロベールJean‐Eugène Robert。ブロアの時計職人の子として生まれ,精密機械技術に通じてのち,機械技術を用いた画期的な奇術芸を案出した。また,新型時計や自動人形の発明に発揮された才能は,ルイ・フィリップやアカデミーの賞賛を受けるほどであった。1845年,パレ・ロアイヤルに〈パリ一小さい劇場〉と称するロベール・ウーダン劇場を開設して満都の人気を集めながら,二月革命以後は落し,晩年は海外公演のうちに過ごした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ロベール・ウーダンの関連キーワードパレ・ロアイヤルルイ・フィリップG. メリエスメリエス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android