ロベール・ウーダン(英語表記)Jean‐Eugène Robert‐Houdin

世界大百科事典 第2版の解説

ロベール・ウーダン【Jean‐Eugène Robert‐Houdin】

1805‐71
19世紀フランスの天才的奇術師,発明家。本名ロベールJean‐Eugène Robert。ブロアの時計職人の子として生まれ,精密機械技術に通じてのち,機械技術を用いた画期的な奇術芸を案出した。また,新型時計や自動人形の発明に発揮された才能は,ルイ・フィリップやアカデミーの賞賛を受けるほどであった。1845年,パレ・ロアイヤルに〈パリ一小さい劇場〉と称するロベール・ウーダン劇場を開設して満都の人気を集めながら,二月革命以後は落し,晩年は海外公演のうちに過ごした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android