コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロマンス諸語 ロマンスショゴ

大辞林 第三版の解説

ロマンスしょご【ロマンス諸語】

ローマ帝国の民衆に話された俗ラテン語を源とする諸言語。イタリア語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語・ルーマニア語・カタロニア語・レト-ロマン語など。インド-ヨーロッパ語族のイタリック語派というのが正式の名称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界の主要言語がわかる事典の解説

ロマンスしょご【ロマンス諸語】

古代ローマ帝国で用いられたラテン語が分化、発達して生まれた諸言語の総称。インドヨーロッパ語族イタリック語派に属する。文語のラテン語ではなく、日常の話し言葉である「俗ラテン語」がもととなり、先住民族ケルト人など)の言語や、後から侵入した民族(ゲルマン人スラブ人アラブ人など)の言語の影響を受けながら、5~9世紀に地域ごとに異なる言語へと分化した。その後の発達をへて、現在も話されているロマンス諸語には、ポルトガル語スペイン語カタルーニャ語オック語レトロマン語フランス語サルデーニャ語イタリア語ルーマニア語などがある。このうちポルトガル語スペイン語フランス語は近代に、宗主国の言語としてアメリカアフリカアジアの植民地にも広がった。ラテン語と比べたロマンス諸語の特徴として、冠詞をもつこと、動詞の複雑な形態変化がより整理されたこと、名詞・形容詞の格変化がなくなり(ルーマニア語をのぞく)、語順や前置詞などが文法的機能をになう言語に移行したこと、などがあげられる。◇英語でRomance。

出典|講談社世界の主要言語がわかる事典について | 情報

世界大百科事典内のロマンス諸語の言及

【ラテン民族】より

…言語系統論的にみて,古代ローマ帝国内で話されたラテン語から派生したと想定される,イタリア語,フランス語,スペイン語,ポルトガル語,ルーマニア語などのいわゆるロマンス諸語(ロマンス語)を母語とする人々を,俗にラテン(系)民族と総称する。しかし,実際には,それらの人々は数多くの国民国家に分断されており,一つのラテン民族としての帰属意識があるわけではない。…

※「ロマンス諸語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone