ロマンティッシェ・シュトラーセ(読み)ロマンティッシェシュトラーセ

百科事典マイペディアの解説

ドイツ南部のビュルツブルクから南へ,アウクスブルクを通ってオーストリア国境間際,ノイシュバンシュタイン城のちかくのフュッセンに至る約300kmの道路の呼称。沿道にローテンブルク,ディンケルスビュール,ネルトリンゲンなどの中世風の面影を残す都市が連なり,第2次大戦後,観光地として著名になった。〈ロマンティック街道〉を意味するこの呼称も戦後のもの。
→関連項目バイエルン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android