コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロムロ Romulo, Carlos P(eña)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロムロ
Romulo, Carlos P(eña)

[生]1899.1.14. フィリピン,ルソン,カミリン
[没]1985.12.15. フィリピン,マニラ
フィリピンの政治家。フィリピン大学,コロンビア大学卒業。 1926~30年フィリピン大学で英語を教えていたが,31年英語,スペイン語,タガログ語新聞を含む出版物の主筆となり,37~41年別の新聞群の発行者となった。 41年日本軍のフィリピン侵攻とともに D.マッカーサーの補佐となり,「自由の声」を放送。コレヒドール陥落後はワシントン D.C.のフィリピン亡命政権の情報相。 41年にピュリッツァー賞を受賞。 45年の国連創設会議に出席,アメリカ軍とともに帰国。その後国連代表となり,49~50年国連総会議長もつとめた。 50年外相,52年アメリカ駐在大使,55年バンドン会議への代表,56年安保理事会への代表などを経て,62~68年フィリピン大学総長。 F. E.マルコス大統領のもとで入閣,65年教育相,68~83年外相。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロムロ
ろむろ
Carlos P.Romulo
(1899―1985)

フィリピンの政治家。フィリピン大学、コロンビア大学修士課に学ぶ。1922年以後『フィリピン・ヘラルド』紙副社長、『マニラ・トリビューン』紙主筆などジャーナリストとして活躍、1941年ピュリッツァー賞受賞。1944年米軍准将に列せられる。1949年第4回国連総会議長。1950~1951年キリノ政権下で外相。1962年フィリピン大学総長、1969年マルコス政権下の外相。1984年高齢を理由に辞任。[黒柳米司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

ロムロ

生年月日:1901年1月14日
フィリピンの政治家
1985年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ロムロの関連キーワードサイディング・スプリング天文台ガブリエル ガルシア・マルケスマリオ バルガス・リョサエレナ ポニアトウスカチェスキー・クロムロフカルロス フエンテスリチャード ウーリーストロムロ山天文台バルガス・リョサバルガス・リョサO. エッゲン東南アジア美術ドミニカ共和国フエンテスシュミットベネズエラフォレンミュシャ8月2日生年月日

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロムロの関連情報