コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィンランディア フィンランディアFinlandia

デジタル大辞泉の解説

フィンランディア(Finlandia)

シベリウス作曲の交響詩。1899年作曲、翌年初演。帝政ロシアの支配下における民衆の愛国独立運動を描く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

フィンランディア

シベリウスの交響詩。1899年に作曲され,翌年改訂。〈フィンランド頌歌(しょうか)〉の意で,ロシアの支配下にあった祖国フィンランドへの愛国心を表現した作品として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

フィンランディア

フィンランドの作曲家ジャン・シベリウスの交響詩(1899)。原題《Finlandia》。フィンランドでは第二の国歌として親しまれている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

フィンランディア【Finlandia】

シベリウスの交響詩。1899年作曲。祖国の美しくきびしい自然を讃えた情熱的な作品。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィンランディア
ふぃんらんでぃあ
Finlandia

シベリウス作曲の交響詩(作品26)。帝政ロシアの支配下にあったフィンランドで、愛国独立運動の一環として1899年に上演された民族史劇につけた音楽がその原型となっている。この劇音楽からおもな部分を編出し、翌1900年にまとめられたのが『フィンランディア』で、同年パリの万国博で初演された。侵略に苦しむ民衆が闘争を通じて勝利を手にするまでを描いたこの作品は、不穏当であるとして当時のロシア官憲がその演奏を禁止するほど国民の愛国心に強く訴えた。シベリウスの作品のなかでももっともポピュラーなもので、中間部に置かれた平和を象徴する賛歌は合唱曲としても広く親しまれている。[三宅幸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フィンランディアの関連情報