コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリピン大学 フィリピンだいがくUniversity of the Philippines

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィリピン大学
フィリピンだいがく
University of the Philippines

1908年にフィリピン最初の国立高等教育機関として創設された総合大学ケソンシティーのディリマン校およびバギオセブなどの分校のほか,半自治的なロスバニョス校,マニラ校,ビサヤ校から構成される。経済,産業,海洋科学などの研究機関を多数有し,図書館は同国内最多の蔵書数を誇る。学生数約3万 7500名,教員数約 3400名 (1997) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィリピン大学
ふぃりぴんだいがく
University of the Philippines

アメリカ統治下の1908年、第1回フィリピン議会の法令(1870号)によって設立された大学。最初は芸術、医学、農学のカレッジで出発したが、1933年には15カレッジを有するまでに発展した。フィリピン独立(1946)後も発展を続け、マニラ郊外ディリマンDilimanにある本部キャンパスのほかに、マニラ、ロス・バニョスLos Baos、ビサヤVisaya、ミンダナオに自治権をもつ独立のキャンパスがある。このほかにオープン・ユニバーシティ(公開大学)およびバギオ、セブ、タクロバンの各地に分校(カレッジ)を有する同国最大規模の大学に成長。
 1999年現在、ディリマン校には、建築学、人文学、経営管理学、教育学、工学、美術学、家政学、法学、マス・コミュニケーション学、人間運動学、音楽、公共行政学、理学、社会科学・哲学、社会福祉・地域開発学、ロス・バニョス校には農学、森林・自然資源学、文理学、経済・管理学、農工学、人間生態学、獣医学、マニラ校には文理学、医学、薬学、歯学、看護学、公衆衛生学、ビサヤ校には水産学、経営学、文理学、ミンダナオ校には理学、人文・社会科学の各学部などが設置されている。専任教員数は約4400人、学生数は約4万8000人。[馬越 徹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フィリピン大学の関連キーワードゴンザレス(N. V. M. Gonzales)グロリア・マカパガル アロヨグラント・K. グッドマンR. コンスタンティーノハリー・T. オオシマキャロル・P. ロムロレイナルド イレートマヌエル ビリヤールJ.P. エンリレJ.P. ラウレルモロ民族解放戦線ロペ サントスS. ラウレルケソン・シティマグサイサイ大来 佐武郎C. ビラタアモルソロイロイロキリーノ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィリピン大学の関連情報