コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリピン大学 フィリピンだいがく University of the Philippines

2件 の用語解説(フィリピン大学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィリピン大学
フィリピンだいがく
University of the Philippines

1908年にフィリピン最初の国立高等教育機関として創設された総合大学。ケソンシティーのディリマン校およびバギオ,セブなどの分校のほか,半自治的なロスバニョス校,マニラ校,ビサヤ校から構成される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィリピン大学
ふぃりぴんだいがく
University of the Philippines

アメリカ統治下の1908年、第1回フィリピン議会の法令(1870号)によって設立された大学。最初は芸術、医学、農学のカレッジで出発したが、1933年には15カレッジを有するまでに発展した。フィリピン独立(1946)後も発展を続け、マニラ郊外ディリマンDilimanにある本部キャンパスのほかに、マニラ、ロス・バニョスLos Baos、ビサヤVisaya、ミンダナオに自治権をもつ独立のキャンパスがある。このほかにオープン・ユニバーシティ(公開大学)およびバギオ、セブ、タクロバンの各地に分校(カレッジ)を有する同国最大規模の大学に成長。
 1999年現在、ディリマン校には、建築学、人文学、経営管理学、教育学、工学、美術学、家政学、法学、マス・コミュニケーション学、人間運動学、音楽、公共行政学、理学、社会科学・哲学、社会福祉・地域開発学、ロス・バニョス校には農学、森林・自然資源学、文理学、経済・管理学、農工学、人間生態学、獣医学、マニラ校には文理学、医学、薬学、歯学、看護学、公衆衛生学、ビサヤ校には水産学、経営学、文理学、ミンダナオ校には理学、人文・社会科学の各学部などが設置されている。専任教員数は約4400人、学生数は約4万8000人。[馬越 徹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィリピン大学の関連キーワードセブフィリピン共産党比国フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲ドール・フィリピン産パパイヤの日フィリピン毛頭虫感染フィリピンと中国フィリピンの教育

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フィリピン大学の関連情報