コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンセスバリェス Roncesvalles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロンセスバリェス
Roncesvalles

フランス語ではロンスボー Roncevaux。スペイン北部,バスク州,ナバラ県の村。県都パンプロナの北東,ピレネー山脈の標高 981mに位置する。ピレネー越えのロンセスバリェス峠,別名イバニェータ峠 (1177m) は,788年カルル大帝の部将ローランサラセン人と戦い,戦死した伝承の地として有名 (→ローランの歌 ) 。人口 35 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロンセスバリェス【Roncesvalles】

スペイン北東部,ナバラ県,ピレネー山脈中のフランスとの国境イバニエタ峠の手前にある,ピレネー山間の要衝の村。標高981m。人口44(1982)。フランス語ではロンスボー。778年フランク王カール大帝のイスラム教徒に対する遠征軍が帰途に当地のバスク人に敗北した戦いは,中世の叙事詩《ローランの歌》に伝承された。サンチアゴ・デ・コンポステラへの巡礼路のスペイン側の起点で,12世紀に建てられた修道院は宿泊所および病院にあてられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ロンセスバリェスの関連キーワードサンチアゴ・デ・コンポステラトゥール・ポアティエの戦ナバラ自治州

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android