コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローベングラ Lobengula

世界大百科事典 第2版の解説

ローベングラ【Lobengula】

1836ころ‐94
南部アフリカのジンバブウェ南西部にあったヌデベレ王国Ndebele Kingdom最後の王。在位1870‐94年。初代王ムジリカジの子で,ヌデベレ族がジンバブウェへ移住する少し前にズールーランド(西部トランスバール)に生まれた。母はスワジ族の出だったが,父の死後王位継承問題が起こった時,異母兄ヌクルマネNkulumaneが失踪中だったため,1870年王位に就かされた。2年後姿を現したヌクルマネとその支持者たちは王位奪還をねらって戦いをいどんだが,ローベングラとその軍隊はこれを撃退し,以来王国発展に尽力した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のローベングラの言及

【ジンバブウェ】より

… 19世紀に入ると,南方からヌデベレ族が侵入し,ショナ族の王国を滅ぼして王国を築いた。ヌデベレ族の王ローベングラは,この地域への進出を企てていたC.J.ローズとのあいだに協定を結び,金銭およびライフルと引換えに一部の地域の鉱山採掘権を与えた。しかしローズはこの協定を無視して全地域にわたる支配権の掌握をめざし,1889年特許会社のイギリス南アフリカ会社を設立した。…

※「ローベングラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ローベングラの関連キーワード近・現代アフリカ史(年表)イギリス南アフリカ会社