ローマ数字(読み)ローマすうじ

百科事典マイペディア「ローマ数字」の解説

ローマ数字【ローマすうじ】

古代ローマで用いられた数字。現在でも番号や時計などに用いられることがある。1,5,10,50,100,500,1000の数字はI,VXL,C,D,M。上位の数字の左に下位の数字がついたときは,それを上位の数字から引くことを意味する。例えばIXは10-1で9,MCMXCVIIIについては,最初のMは1000,次のCMは1000-100で900,次のXCは100-10で90,次のVは5,最後のIIIは3で,あわせて1998を示す。
→関連項目アラビア数字数字

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「ローマ数字」の解説

ローマ‐すうじ【ローマ数字】

〘名〙 古代ローマで発達した数字。IIIIIIIVVなど。→アラビア数字
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉二「あの時計の文字は、ろうま数字にて、IIIIIIIIIIVVIVIIVIIIIXXXIXIIと、しるしてあるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のローマ数字の言及

【数字】より

…実用上は困らなかったのであろう。 われわれが現在もときどき使っているローマ数字は,十進法の中に五進法の要素が混じっているのと,IV=4,IIX=8というように減法が使われているのが特徴である。五進法の要素はギリシアのアッティカ式の影響であると思われる。…

※「ローマ数字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android