ローラ捺染機(読み)ローラなっせんき(英語表記)roller printing machine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ローラ捺染機」の解説

ローラ捺染機
ローラなっせんき
roller printing machine

捺染機の一種。 1783年 T.ベルが発明中空の鋳鉄製ローラの表面に圧着する多数の銅製ローラ (捺染ローラ) に模様を彫刻し,そのくぼみに染液を溶かした捺染糊を入れ,織物をローラの間にはさんで,接圧印捺する。ほかの自動フラットスクリーン捺染やロータリー捺染よりも高速で印捺でき,繊細で鮮明度の高い多色捺染が大規模にできる。 (→機械捺染 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android