コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイセンベルク Alexis Weissenberg

2件 の用語解説(ワイセンベルクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ワイセンベルク【Alexis Weissenberg】

1929‐
ブルガリア出身のフランスピアニスト。生地ソフィアで幼時からピアノと作曲を学ぶ。ユダヤ系であるため,第2次大戦中,一時ナチス強制収容所に入れられたが,イスラエルに逃れ演奏活動を開始。終戦直後アメリカに渡り,ジュリアード音楽学校オルガ・サマロフに師事する。1947年G.セル指揮のニューヨークフィルハーモニー管弦楽団との共演によって注目された。50年代半ばから約10年間演奏活動を休止していたが,66年パリで復帰する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワイセンベルク
わいせんべるく
Alexis Weissenberg
(1929―2012)

ブルガリア出身のフランスのピアノ奏者。生地ソフィアの音楽院で学んだあと1946年アメリカに渡り、ジュリアード音楽学校を卒業。1948年ニューヨーク・フィルハーモニーとの協演を皮切りに演奏活動に入ったが、1956年から10年間活動を中止して研鑽(けんさん)。パリに移って1966年再デビューし、1967年にはカラヤンと共演、成功を収めた。1969年(昭和44)初来日。当初は技巧家とみられていたが、しだいに叙情的な表現を得意とするようになった。ロマン派および近代音楽をおもなレパートリーとする。[岩井宏之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイセンベルクの関連キーワードガリアガリカニズムブルガリア語ヘラーガリマールピアノフォルテジュノム左手のためのピアノ協奏曲エルゲロンコリア, チック

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワイセンベルクの関連情報