近代音楽(読み)きんだいおんがく

精選版 日本国語大辞典「近代音楽」の解説

きんだい‐おんがく【近代音楽】

〘名〙 西洋音楽史上、一八九〇年前後から第一次世界大戦終了までの音楽。マーラー、ウォルフの後期ロマン主義、ドビュッシー、ラベルなどの印象主義に始まり、ストラビンスキーの原始主義、シェーンベルクの無調主義、スクリャービンの神秘主義など多彩な音楽表現を生んだ。〔モダン語漫画辞典(1931)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「近代音楽」の解説

きんだい‐おんがく【近代音楽】

近代の音楽。ルネサンス以降の西洋音楽。古代音楽中世音楽などに対していう。
1890年ごろから第一次大戦終了ごろまでの西洋音楽。R=シュトラウスドビュッシースクリャービンらによって多様な作品が生み出された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の近代音楽の言及

【現代音楽】より

…現代の音楽の総称であるが,〈現代〉と〈音楽〉の定義がまちまちであるため,意味内容が一定していない。〈現代音楽〉の用語と並行して,〈近代音楽〉〈新音楽〉〈前衛音楽〉〈実験音楽〉〈今日の音楽〉などの用語も用いられる。これらの音楽用語は,微妙なニュアンスの相違はあるものの,ほぼ〈現代音楽〉の同義語として用いられ,新しい思想と技法による芸術音楽をさす場合が多い。…

※「近代音楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android