コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイヤラ ワイヤラWhyalla

2件 の用語解説(ワイヤラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ワイヤラ(Whyalla)

オーストラリア、南オーストラリア州南部の都市。エア半島の基部、スペンサー湾の北部西岸に面し、港湾をもつ。背後に鉱山があり、主に鉄鉱石の積出港として発展。ワイアラ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワイヤラ
わいやら
Whyalla

オーストラリア南部、サウスオーストラリア州にある鉄鋼業を中心とした工業・港湾都市スペンサー湾奥に位置する。人口2万1614(2001)。水はマリー川から374キロメートルの送水管で供給される。1902年に対岸の都市ポート・ピリーの鉛精錬用の鉄鉱石積出し港として建設され、15年からニュー・サウス・ウェールズ州東岸ニューカッスルの鉄鋼業への積出し港として発展した。1939年造船業、41年鉄鋼業を開始。名称は「深い水」を意味する先住民語。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワイヤラの関連情報