コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワインベルク Weinberg, Wilhelm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワインベルク
Weinberg, Wilhelm

[生]1862
[没]1937
ドイツの遺伝学者。進化機構の研究にメンデルの法則を適用するにあたり,世代を経るにつれて集団内での対立形質の分離比がどのように変化するかが問題となったが,ワインベルクは分離比が世代を通じて一定不変に保たれることを数学的に証明した (1908) 。彼とは独立に,G.H.ハーディも同様の結果を得たので,分離比を表わす公式は「ハーディ=ワインベルクの式」と名づけられ,集団遺伝学における基本的な公式となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ワインベルクの関連キーワードカシュニッツ遺伝子頻度メンデルハーディ対立形質

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android