コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワスネツォフ Viktor Mikhailovich Vasnetsov

世界大百科事典 第2版の解説

ワスネツォフ【Viktor Mikhailovich Vasnetsov】

1848‐1926
ロシアの画家。司祭の家に生まれる。1868‐75年ペテルブルグアカデミーに学び,78年モスクワに移り,アブラムツェボ派に加わる。単なる風俗画の域を脱し,民族的な伝説や民話,英雄叙事詩を通して空想の世界を写実的に描き,新しい民族画を興した。ロシア民話から《アリョーヌシカ》(1881),中世ロシアの英雄《三人の勇士》(1896)などを描き,舞台装置や衣装のデザインでも広範な活動を行った。【浜田 靖子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ワスネツォフの関連キーワード三月革命ウィーン蜂起大正天皇昭和ビシケクイギリス映画小作争議文芸時代カモラガリバルディ