コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワタオウサギ(綿尾兎) ワタオウサギ cottontail

翻訳|cottontail

1件 の用語解説(ワタオウサギ(綿尾兎)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ワタオウサギ【ワタオウサギ(綿尾兎) cottontail】

カナダからアルゼンチンにかけての南北アメリカに分布するウサギ目ウサギ科ワタオウサギSylvilagusに属する野生ウサギ類の総称(イラスト)。北アメリカを中心に12種が分布し,個体数も多く,年間2500万頭が狩猟されている。尾の下面にはえる房毛(ふさげ)が綿のように白く,よく目だつことからこの名がある。前脚が比較的短く,典型的なアナウサギの体型をもつが,育児用の巣をつくるほかはふつう巣穴をつくらず,ノウサギのように茂みなどの一定の場所を寝場所とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワタオウサギ(綿尾兎)の関連キーワードオポッサムフォークランド戦争亜爾然丁アルゼンチンタンゴカナダ藻ピアソラカナダ雁ダーウィンレアプエルトイグアスモッキングバード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone