ワタオウサギ(綿尾兎)(読み)ワタオウサギ(英語表記)cottontail

翻訳|cottontail

世界大百科事典 第2版の解説

ワタオウサギ【ワタオウサギ(綿尾兎) cottontail】

カナダからアルゼンチンにかけての南北アメリカに分布するウサギ目ウサギ科ワタオウサギ属Sylvilagusに属する野生ウサギ類の総称(イラスト)。北アメリカを中心に12種が分布し,個体数も多く,年間2500万頭が狩猟されている。尾の下面にはえる房毛(ふさげ)が綿のように白く,よく目だつことからこの名がある。前脚が比較的短く,典型的なアナウサギの体型をもつが,育児用の巣をつくるほかはふつう巣穴をつくらず,ノウサギのように茂みなどの一定の場所を寝場所とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android