コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワタオウサギ(綿尾兎) ワタオウサギcottontail

翻訳|cottontail

1件 の用語解説(ワタオウサギ(綿尾兎)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ワタオウサギ【ワタオウサギ(綿尾兎) cottontail】

カナダからアルゼンチンにかけての南北アメリカに分布するウサギ目ウサギ科ワタオウサギSylvilagusに属する野生ウサギ類の総称(イラスト)。北アメリカを中心に12種が分布し,個体数も多く,年間2500万頭が狩猟されている。尾の下面にはえる房毛(ふさげ)が綿のように白く,よく目だつことからこの名がある。前脚が比較的短く,典型的なアナウサギの体型をもつが,育児用の巣をつくるほかはふつう巣穴をつくらず,ノウサギのように茂みなどの一定の場所を寝場所とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone