ノウサギ(英語表記)Lepus brachyurus; Japanese hare

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノウサギ
Lepus brachyurus; Japanese hare

ニホンノウサギともいう。ウサギ目ウサギ科。体長 40~50cm,尾長 5cmぐらい。北海道を除く日本各地に分布し,トウホクノウサギ,サドノウサギ,オキノウサギ,キュウシュウノウサギなどの亜種に分けられる。地方により冬季に白化する型があり,また同一地方のものでも,白化するものと白化しないものとがある。これは気温,光線など,環境の影響によるものと考えられている。北海道には近縁のエゾユキウサギが分布しており,この2種を合せてノウサギと呼ぶ場合もある。平地から標高 2700mまでの原野,疎林にすみ,樹皮,木の芽,葉,草類などを食べる。天敵はワシ,タカ,フクロウなどの猛禽類やキツネ,テンなどの食肉類である。なお,ノウサギ類 haresという場合には,生れたときすでに開眼して毛も生えているウサギの仲間全体を指す。ノウサギ類は種類も多く,分布も北極から熱帯砂漠まで広範囲にわたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ノウサギ

ウサギ目ウサギ科の哺乳(ほにゅう)類。ニホンノウサギとも。体長45〜54cm,尾2〜5cm,耳7.6〜8.3cm。背面は夏毛は茶褐色,腹面は白〜淡黄褐色。本州,四国,九州,佐渡,隠岐に分布する日本国有種。平地〜高山の原野,疎林に多い。夜出て,草,木の芽,樹皮などを食べ,林木に大害を及ぼすことがある。1腹1〜4子。北陸・東北地方に産するものは冬に白色に変わるが,これをエチゴウサギとして区別することもある。北海道〜シベリア,ヨーロッパには別種のユキウサギがすむ。
→関連項目ウサギ(兎)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノウサギ
のうさぎ / 野兎
hare

広義には哺乳(ほにゅう)綱ウサギ目ウサギ科ノウサギ属に含まれる動物の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この属Lepusのウサギはいずれも前肢が長く、地上を走行するのに適した体形をもち、地中に深い巣穴を掘らない。新生子は体毛で覆われ、生後すぐに歩くことができる。北アメリカ、ユーラシア、アフリカなどに20種ほどが知られている。
 種のノウサギL. brachyurusは本州、四国、九州、佐渡島、隠岐(おき)諸島に分布する。頭胴長43~54センチメートル、尾長1~5.4センチメートルで、ユキウサギに比べてやや小形である。体毛は地方によって冬に白変するものと、一年中茶色のものがあるが、その変化は温度ではなく日照時間によることが証明されている。すなわち、東北地方の個体では、日照時間を11時間以内に保つと白化するという。低地から高山までの草原や森林に生息し、夜行性で、草本類、樹枝、樹皮などを摂食する。若い植林地など、低木林に多く、冬季に植林木や果樹に食害を与えることがある。繁殖期は地方によって異なるが、東北地方では4~8月が出産期で、雌は1年に1、2回出産し、1回1~4子、平均約2子を産む。妊娠期間は42~44日。新生子は体毛が生えそろい、目があき、すぐ走ることが可能である。子の成長は速く、次の春には繁殖可能となる。生息数は多く、天敵はキツネや猛禽(もうきん)類である。本州中部以北のものをエチゴウサギ(トウホクノウサギ)、本州中部以南、四国、九州のものをキュウシュウノウサギとよぶこともある。[阿部 永]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノウサギの関連情報