コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノウサギ ノウサギ Lepus brachyurus; Japanese hare

3件 の用語解説(ノウサギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノウサギ
ノウサギ
Lepus brachyurus; Japanese hare

ニホンノウサギともいう。ウサギ目ウサギ科。体長 40~50cm,尾長 5cmぐらい。北海道を除く日本各地に分布し,トウホクノウサギ,サドノウサギ,オキノウサギ,キュウシュウノウサギなどの亜種に分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ノウサギ

ウサギ目ウサギ科の哺乳(ほにゅう)類。ニホンノウサギとも。体長45〜54cm,尾2〜5cm,耳7.6〜8.3cm。背面は夏毛は茶褐色,腹面は白〜淡黄褐色。本州,四国,九州,佐渡,隠岐に分布する日本国有種。
→関連項目ウサギ(兎)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノウサギ
のうさぎ / 野兎
hare

広義には哺乳(ほにゅう)綱ウサギ目ウサギ科ノウサギ属に含まれる動物の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この属Lepusのウサギはいずれも前肢が長く、地上を走行するのに適した体形をもち、地中に深い巣穴を掘らない。新生子は体毛で覆われ、生後すぐに歩くことができる。北アメリカ、ユーラシア、アフリカなどに20種ほどが知られている。
 種のノウサギL. brachyurusは本州、四国、九州、佐渡島、隠岐(おき)諸島に分布する。頭胴長43~54センチメートル、尾長1~5.4センチメートルで、ユキウサギに比べてやや小形である。体毛は地方によって冬に白変するものと、一年中茶色のものがあるが、その変化は温度ではなく日照時間によることが証明されている。すなわち、東北地方の個体では、日照時間を11時間以内に保つと白化するという。低地から高山までの草原や森林に生息し、夜行性で、草本類、樹枝、樹皮などを摂食する。若い植林地など、低木林に多く、冬季に植林木や果樹に食害を与えることがある。繁殖期は地方によって異なるが、東北地方では4~8月が出産期で、雌は1年に1、2回出産し、1回1~4子、平均約2子を産む。妊娠期間は42~44日。新生子は体毛が生えそろい、目があき、すぐ走ることが可能である。子の成長は速く、次の春には繁殖可能となる。生息数は多く、天敵はキツネや猛禽(もうきん)類である。本州中部以北のものをエチゴウサギ(トウホクノウサギ)、本州中部以南、四国、九州のものをキュウシュウノウサギとよぶこともある。[阿部 永]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノウサギの関連キーワードウサギ穴兎樏兎跳兎啼兎雪兎アンゴラウサギムカシウサギ(昔兎)ユキウサギ(雪兎)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ノウサギの関連情報