コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワットの蒸気機関 ワットのじょうききかんsteam engine of Watt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワットの蒸気機関
ワットのじょうききかん
steam engine of Watt

蒸気機関は J.ワットにより完成された。ワットの発明・考案になる点は,それまでのニューコメン機関に対して,まず復水器シリンダと分離したことから始り,大気圧力でなく蒸気の圧力を利用したこと,ピストンの往復運動を車輪の回転運動に変えるようにしたこと,ピストンの両側に蒸気を送る方式にしたこと,シリンダへの蒸気供給量を自動的に調節する調速機を用いたことなどであり,ここに蒸気機関は,その熱効率の飛躍的な増大とともに,鉱山用から一般の原動機として用いられるようになって,産業革命のにない手となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ワットの蒸気機関の関連キーワードウィルキンソン(John Wilkinson)ボールトン(Matthew Boulton)ダービー(Abraham Darby)ニューコメンの蒸気機関機械(machine)中ぐり盤(中刳盤)オートメーションスチーブンソンフィードバックウィルキンソン空気ハンマー機械制大工業ニューコメン工作機械工業ボールトン大気圧機関工作機械繊維産業機械工業材料試験

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android