コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワットマン紙 ワットマンシ

デジタル大辞泉の解説

ワットマン‐し【ワットマン紙】

純白の厚地の水彩画用紙。1760年に英国のワットマン(J.Whatman)が麻のぼろ布から漉(す)き始めたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ワットマン紙【ワットマンし】

麻繊維を原料とする純白で厚手の高級図画用紙。水彩画用。英国のワットマンJ.Whatmanの発明。
→関連項目図画用紙

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワットマンし【ワットマン紙 Whatman paper】

イギリスのワットマンJames Whatmanが作った厚い手すきの高級図画用紙。麻や木綿のぼろを原料とした吸水性のよい紙で,とくに水彩画用に適する。そのため,ワットマン紙は水彩画用紙の代名詞にもなっている。ワットマンが1745年に設立したワットマン社は,イギリスのケント地方にある代表的な製紙メーカーとなっており,各種の紙を製造しているが,日本では,ろ紙,ペーパークロマトグラフィー用紙が有名である。一時中断していた画用紙製造も1960年代に再開された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ワットマンし【ワットマン紙】

〔英国のワットマン(Whatman)社の商標名〕
純白厚地の図画用紙。水彩画用。イギリスのケント州メードストン特産。ワットマン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ワットマン紙の関連キーワードハモンドハモンドジョン・L.L.B. ハモンド山県周南ミッチェルアシュトン(Thomas Southcliffe Ashton)ジョージ(3世)鈴木春信前古典派音楽徳川家治

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android