ワットマン紙(読み)ワットマンし

精選版 日本国語大辞典「ワットマン紙」の解説

ワットマン‐し【ワットマン紙】

〘名〙 (ワットマンはWhatman) 一七六〇年、イギリスで、J=ワットマンが木綿ぼろ布を原料として漉(す)き始めた手漉水彩画用紙として使用。
※海軍(1942)〈岩田豊雄〉霹靂「ワットマン紙の水張り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ワットマン紙」の解説

ワットマン‐し【ワットマン紙】

純白の厚地の水彩画用紙。1760年に英国のワットマン(J.Whatman)が麻のぼろ布からき始めたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「ワットマン紙」の解説

ワットマンし【ワットマン紙 Whatman paper】

イギリスのワットマンJames Whatmanが作った厚い手すきの高級図画用紙。麻や木綿のぼろを原料とした吸水性のよい紙で,とくに水彩画用に適する。そのため,ワットマン紙は水彩画用紙の代名詞にもなっている。ワットマンが1745年に設立したワットマン社は,イギリスのケント地方にある代表的な製紙メーカーとなっており,各種の紙を製造しているが,日本では,ろ紙,ペーパークロマトグラフィー用紙が有名である。一時中断していた画用紙製造も1960年代に再開された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android