コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワットマン紙 ワットマンシ

4件 の用語解説(ワットマン紙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ワットマン‐し【ワットマン紙】

純白の厚地の水彩画用紙。1760年に英国のワットマン(J.Whatman)が麻のぼろ布から漉(す)き始めたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ワットマン紙【ワットマンし】

麻繊維を原料とする純白で厚手の高級図画用紙。水彩画用。英国のワットマンJ.Whatmanの発明。
→関連項目図画用紙

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ワットマンし【ワットマン紙 Whatman paper】

イギリスのワットマンJames Whatmanが作った厚い手すきの高級図画用紙。麻や木綿のぼろを原料とした吸水性のよい紙で,とくに水彩画用に適する。そのため,ワットマン紙は水彩画用紙の代名詞にもなっている。ワットマンが1745年に設立したワットマン社は,イギリスケント地方にある代表的な製紙メーカーとなっており,各種の紙を製造しているが,日本では,ろ紙,ペーパークロマトグラフィー用紙が有名である。一時中断していた画用紙製造も1960年代に再開された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ワットマンし【ワットマン紙】

〔英国のワットマン(Whatman)社の商標名〕
純白厚地の図画用紙。水彩画用。イギリスのケント州メードストン特産。ワットマン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワットマン紙の関連キーワードマンシーイギリスオランダ戦争イギリス巻イギリスパンイギリスの名車Miniバースデーの日風WとままえWHAT's IN?ベートーヴェン:イギリスの歌「ルール・ブリタニア」による5つの変奏曲/piano soloイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワットマン紙の関連情報