コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワット時 ワットジ

世界大百科事典 第2版の解説

ワットじ【ワット時 watt hour】

仕事あるいはエネルギーの単位で,記号はWh。1Wh=3600J(ジュール)である。電力量を表すのに使われる。1Wの仕事率で1時間に使われる電気エネルギーに当たる。Wは国際単位系(SI)に属するが,h(時)がSI単位でないので,WhはSI単位ではない。hのかわりにs(秒)を使ってWsとすれば,これはSI単位のJとなる。【大井 みさほ】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ワットじ【ワット時】

一ワットの仕事率で一時間になす仕事の量。3600ジュールに等しい。記号 Wh  

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ワット時の関連キーワード再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度再生可能エネルギー固定価格買い取り制度自然エネルギーの固定価格買い取り制度再生エネルギーの全量買い取り制度二酸化炭素(CO2)排出原単位家庭用太陽光発電の買い取り制度県のグリーン電力購入の仕組み住宅の太陽光発電買い取り制度家庭向け太陽光発電の支援制度電力の固定価格買い取り制度太陽光発電の買い取り制度鹿追町環境保全センターCO2排出量の測り方太陽光電力の買い取り海洋エネルギー発電ラトローブ・バリー体積エネルギー密度チョーリーウッド法重量エネルギー密度

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワット時の関連情報