コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワット時 ワットジ

世界大百科事典 第2版の解説

ワットじ【ワット時 watt hour】

仕事あるいはエネルギーの単位で,記号はWh。1Wh=3600J(ジュール)である。電力量を表すのに使われる。1Wの仕事率で1時間に使われる電気エネルギーに当たる。Wは国際単位系(SI)に属するが,h(時)がSI単位でないので,WhはSI単位ではない。hのかわりにs(秒)を使ってWsとすれば,これはSI単位のJとなる。【大井 みさほ】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ワットじ【ワット時】

一ワットの仕事率で一時間になす仕事の量。3600ジュールに等しい。記号 Wh  

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワット時の関連情報