コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワット時(読み)ワットジ

世界大百科事典 第2版の解説

ワットじ【ワット時 watt hour】

仕事あるいはエネルギーの単位で,記号はWh。1Wh=3600J(ジュール)である。電力量を表すのに使われる。1Wの仕事率で1時間に使われる電気エネルギーに当たる。Wは国際単位系(SI)に属するが,h(時)がSI単位でないので,WhはSI単位ではない。hのかわりにs(秒)を使ってWsとすれば,これはSI単位のJとなる。【大井 みさほ】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ワットじ【ワット時】

一ワットの仕事率で一時間になす仕事の量。3600ジュールに等しい。記号 Wh  

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワット時の関連情報