コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実用単位 じつようたんいpractical unit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実用単位
じつようたんい
practical unit

特定の分野で実用のために導入された単位で,絶対単位と定まった数値関係をもつ。実用単位には2種ある。
第1は絶対単位の基準の具体的実現が困難なために,実現が容易な標準を設定して定義された単位で,国際実用温度,電磁気量の種々な国際単位,工学で用いられる重力単位,硬度の単位などがその例である。実用単位の大きさは,絶対単位の大きさが実用に対し過大または過小なときに,実用に便利な大きさに選ばれることが多い。たとえば固有の名称をもつ補助単位のトン,リットルなどがある。電磁気量の国際単位であるボルト,アンペア,オームなどは実現が容易な国際的に定められた標準によって定義され,それぞれ対応する CGS電磁単位の 108,10-1,109 倍の補助的な実用単位であったが,MKSA単位系の構成要素となり,さらに発展して国際単位系SIを構成するようになったものである。
第2の実用単位は,特定の分野で諸量を比較するのに都合がよい特別の意味をもつ基準量により定義された単位で,絶対単位に対し複雑な数値関係をもつ。原子物理学の電子ボルト原子質量単位,放射線物理学のキュリーレントゲン,天文学の天文単位パーセク,気象学の気圧,航海・航空のノットやカイリなどはその例である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じつよう‐たんい〔‐タンヰ〕【実用単位】

絶対単位とは別に、具体的測定に便利なように設けた単位。馬力国際温度目盛りなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じつようたんい【実用単位】

絶対単位を具体的に実現することが困難であるとき、実測に便利であるように別に設定した単位。例えば、馬力など。 → 絶対単位系

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

実用単位の関連キーワードボルトアンペア電磁気の単位系キロワット時CGS単位系ウェーバーアンペア時絶対単位系カラットボーメ度クーロン物理単位仕事率電力量PSUラド