コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワディエルセブア神殿 ワディエルセブアシンデン

デジタル大辞泉の解説

ワディ‐エル‐セブア‐しんでん【ワディエルセブア神殿】

Temple of Wadi el-Sebua》エジプト南部、ナイル川上流西岸にある岩窟(がんくつ)神殿の遺跡。アスワンの南約140キロメートルに位置する。古代エジプト新王国第19王朝のラムセス2世により建造。もとはアモンラーを祭っていたが、古代ローマ時代に教会として利用された。名称は「獅子の谷」を意味し、神殿の参道と中庭に並ぶスフィンクス像に由来する。アスワンハイダム建設に伴う水没を避けるため、本来の場所から北西約4キロメートルの同地に移築。1979年「アブシンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群」の一部として、世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ワディエルセブア神殿の関連キーワード法学院テンプル石窟寺院ワディインナトルーンナトゥフ文化ワディ-エル-ヒータン〈クジラの谷〉ワディ-ラム保護地域ナトゥフ文化涸れ川

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android