コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワーツラフ1世 ワーツラフいっせいVáclav I; Wenzel(Wenzeslaus) I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワーツラフ1世
ワーツラフいっせい
Václav I; Wenzel(Wenzeslaus) I

[生]1205
[没]1253.9.22. ベロウン
ボヘミア王 (在位 1230~53) 。ウェンツェル1世,ウェンツェスラウス1世とも呼ばれる。オタカル1世の子。王位の世襲が認められ,長子相続制によって王位についた最初のボヘミア君主。 1241年モラビアに侵入したモンゴル勢力を撃退,1246年オーストリアに進出しようとしたが,果たさなかった。その治世中にボヘミア王国の産業,文化が大いに発展し,神聖ローマ帝国内に占める位置が強化された。しかし国内貴族勢力を押さえる目的でドイツ人修道士,開拓農民の誘致を積極的に行なったため,1248~50年神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世に扇動された貴族勢力の反対にあった。晩年の 1251年姻戚関係により次男オタカル2世をオーストリア公位につけることに成功,念願を実現した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ワーツラフ1世の関連キーワードウェンツェスラウス1世ウェンツェスラウスウェンツェル1世ウェンツェル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android