オタカル2世(読み)オタカルにせい(英語表記)Otakar II Přemysl; Ottokar II Przemysl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「オタカル2世」の解説

オタカル2世
オタカルにせい
Otakar II Přemysl; Ottokar II Przemysl

[生]1230頃
[]1278.8.26. デュルンクルート
ボヘミア王 (在位 1253~78) 。オットーカール2世とも呼ばれる。プシェミスル朝最盛期の王。 1251年婚姻によってオーストリア公に任じられる。 1254年および 1266~67年古プロシア人,リトアニア人に対する十字軍を組織して北方領土を拡大し (ケーニヒスベルクの名は彼に由来) ,ハンガリーと戦って 1260年シュタイエルマルクを,1269年カリンティア (ケルンテン) ,カルニオラ (クライン) ,イストリアを獲得。しかしハプスブルク家のシュワーベン伯が神聖ローマ皇帝ルドルフ1世として登位すると,内外の敵が増大し,1276年併合領土の放棄を強いられ,2年後再起を企てたが,オーストリア=ハンガリー連合軍の前に死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android