コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オタカル2世 オタカルにせい Otakar II Přemysl; Ottokar II Przemysl

1件 の用語解説(オタカル2世の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オタカル2世
オタカルにせい
Otakar II Přemysl; Ottokar II Przemysl

[生]1230頃
[没]1278.8.26. デュルンクルート
ボヘミア王 (在位 1253~78) 。オットーカール2世とも呼ばれるプシェミスル朝最盛期の王。 1251年婚姻によってオーストリア公に任じられる。 1254年および 1266~67年古プロシア人リトアニア人に対する十字軍を組織して北方に領土を拡大し (ケーニヒスベルクの名は彼に由来) ,ハンガリーと戦って 1260年シュタイエルマルクを,1269年カリンティア (ケルンテン) ,カルニオラ (クライン) ,イストリアを獲得。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オタカル2世の関連キーワード階乗Nエヌ頃・比没・歿勃・歿・没N末端残基Diaz de la Peña,N.Politeia tōn Romaiōn

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone