コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルブルク

百科事典マイペディアの解説

ルブルク

フランドル生れのフランチェスコ会修道士。リュブリュキとも。生年は1215年―1220年の間,没年不詳。1253年カペー朝ルイ9世の使節として,コンスタンティノープルを出発,キプチャク・ハーン国を経て,モンゴル帝国の首都カラコルムに至り,ムンゲ(憲宗)に謁見。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルブルク【Guillaume Rubruquis】

フランス人宣教師。フランドルのリュブリュキの出身で,生年は1215年と20年の間,没年は不明。名はギヨーム・リュブリュキであるが,日本では英語名William Ruysbroeckにより,ルブルクと呼ぶことが多い。フランス王ルイ9世の使者として,1253年初め出発,バトゥの本営を経て,同年12月27日,カラコルム西方のモンケ・ハーンの本営に着き,翌年4月初め,カラコルムに入った。7月10日,モンケの書簡をもって帰途についた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルブルク

リュブリュキ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルブルク
るぶるく
Guillaume de Rubrouck
(1215/20―70ころ)

フランスのフランドル地方出身のフランシスコ会修道士。十字軍を率いるルイ9世とともに、パレスチナ滞在中に、モンゴル帝国領のキリスト教事情、とくにバトゥの子サルタクがキリスト教徒であるとの評判を聞き、ドン川流域のその領内における布教を志し、ルイ9世のサルタクあて親書を帯びて1253年にアークル(現在イスラエル領アッコ)を出発した。サルタク領内の布教は許されず、さらにモンゴル本土のモンケ・ハンの宮廷に赴き、53年末から約半年滞在したのち、モンケ・ハンのルイ9世あて書簡を託されて帰路につき、55年トリポリに着いた。ルイ9世への復命書であるその旅行記は、モンゴル帝国領内の事情に詳しい。[海老澤哲雄]
『カルピニ、ルブルク著、護雅夫訳『中央アジア蒙古旅行記』(1965・桃源社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ルブルクの関連キーワードヴァールブルク(Otto Heinrich Warburg)ヴァールブルク(Emile Gabriel Warburg)レニングラード・フィルハーモニー交響楽団レオポルド・G.フォン ベルヒトールトカール・フリードリヒ アウヴェルスハインリッヒ シュミットヘンナーヴィンフリート メニングハウスアレキサンダー フリードマンルドルフ・カール ブルトマンペントースリン酸サイクルペーター ボーフィンガーレニングラード交響楽団ヴァシリー ペトレンコA.A. フレンケルエルミタージュ美術館レニングラード大学ヘルマン コーエンストラヴィンスキーワールブルク学派レニングラード

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android