ワーナー・ランバート(読み)わーなーらんばーと(英語表記)Warner Lambert Co.

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカの大手医薬品・消費者製品メーカーで、2000年ファイザーに吸収合併された。1856年に創業者ウィリアム・ワーナーWilliam R. Warnerがフィラデルフィアで始めた薬局が起源。1916年化粧品を製造するリチャード・ハドナット社を買収、20年同社およびファイファー・ケミカルを合併して改組、同名の前身会社を継承してウィリアム・R・ワーナー社William R. Warner & Co.を設立した。1950年代に一連の医薬品企業を買収、55年ランバート社The Lambert Co.と合併してワーナー・ランバートに社名変更。

 1960年代は歯科用品のラクトナや、チューインガム、ミント、咳(せき)どめシロップなどで知られるアメリカン・チックルの買収など、消費者向け製品に多角化した。69年にエバーシャープを買収してひげそり用品に進出、現在もブランド名「シックSchick」の剃刀(かみそり)で世界的に広く知られる。70年に「クロロマイセチン」(抗生物質クロラムフェニコールの商品名)などで著名な中堅医薬品企業パーク・デービスParke, Davis & Co.(1875設立)を買収した。海外には早くから進出していたが、1960年代から70年代初めにかけて企業買収や新規投資で大規模に拡張、80年代末には約130か国で事業活動を展開するまでとなった。ファイザーと共同販売した自社開発の高脂血症薬「リピターLipitor」(1997発売)が大型薬に育ってきた99年末、アメリカン・ホーム・プロダクツ(現ワイス)による買収が表面化したが、2000年ファイザーの対抗買収により同社に吸収合併された。

[田口定雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android