コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ンジャメナ N'djamena

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ンジャメナ
N'djamena

チャドの首都。旧称フォールラミー Fort Lamy (1973年まで) 。シャリバギルミ県の行政庁所在地。同国南西部,カメルーン国境沿いのロゴネ川シャリ川合流点に位置。 1900年フランスの軍人ラミーが砦を築いたのが町の起源で,フランスのスーダン進出の前進基地となった。市街はフランス統治時代に建設されたヨーロッパ人居住区と,シャリ川河畔のアフリカ人居住区とに区分される。古くからの隊商路の要地で,現在もサハラ方面への道路交通の要衝。ワタ栽培・牧畜地帯の商業中心地で,ナツメヤシ岩塩集散し,家畜市が開かれるほか皮革工業や窯業,漁業が行なわれる。国立大学があるほか各種の教育,研究機関も多い。国際空港がある。人口 99万3492(2009)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ンジャメナ

チャドの首都。ヌジャメナとも。旧名はフォール・ラミー。同国東部,カメルーンとの国境近くにあり,シャリ川に臨む。古くから隊商路の要地で,アフリカ内陸部の物資の集散地。
→関連項目チャド

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ンジャメナ【N'Djamena】

チャド共和国の首都。同国の南西端部に位置する。岩塩・ナツメヤシの集散が盛ん。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ンジャメナ
んじゃめな

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ンジャメナの関連キーワードアフリカ・ハイウェーチャド解放戦線トンバルバエチャドの要覧チャリ川ムンドゥサル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ンジャメナの関連情報