コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ンデベレ族 ンデベレぞくNdebele

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ンデベレ族
ンデベレぞく
Ndebele

ジンバブエ南部のマタベレランド地方および南アフリカ共和国北東部のトランスバール地方に居住する民族。ジンバブエのンデベレ族はかつてマタベレ族 Matabeleと呼ばれた。バンツー語系のシンデベレ語を話す。人口は 200万以上と推定される。19世紀初め,シャカ王支配下にあったナタールのズールー族のインドゥナ(軍事指揮官),ムジリカジが部下を連れ軍を離脱して北進し,その後のンデベレ王国の母体を築いた。北進の過程で周辺の諸民族を征服して王国に編入し,最終的にブラワーヨ周辺に定住。しかし 1893年,2代目の王ロベングラのとき,イギリス南アフリカ会社の手によって王国は滅ぼされた。この歴史を反映して,ンデベレの社会はムジリカジの子孫である支配階層ザンシ,北進の過程で編入された諸民族をさすエンラ,最終目的地で征服された先住民ロズウィの三つの階層からなり,異なる階層間の通婚は禁止された。王が政治的・軍事的な指導者であり,その直属の呪医が宗教的な指導者の役割を担っていた。特に女性の呪医が祖先神との交流をはかるとされ,また至高神(ジム)の観念もみられる。主生業はウシの飼育とトウモロコシ栽培で,一夫多妻婚を行ない,父系拡大家族が牛囲いを中心に円形に配置された住居に住んだ。またトランスバールのンデベレは,家壁や塀に芸術性豊かな幾何学文様を描くことで知られる。近年は,都市への出稼ぎ労働者が増加している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ンデベレ族の関連キーワードボチャベロヒストリカルビレッジムプマランガ州ングニ諸族ブラワヨショナ族

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android