コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヴィセンテ洞院 〓〓せんて・とういん

1件 の用語解説(ヴィセンテ洞院の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

ヴィセンテ洞院

没年:慶長14.5(1609)
生年:天文9頃(1540)
室町後期から安土桃山時代キリシタン養方軒パウロの子として若狭(福井県)に生まれる。キリシタン版最古の『サントスの御作業』(1591刊)の訳文は,父の訳出した4編以外はすべてヴィセンテによることで著名である。ただ文禄1(1592)年のイエズス会名簿には,父ともども「日本語のほかは知らない」旨の記述があることから,翻訳とはいっても欧文から直接訳したのではないとの説が有力である。天正8(1580)年イエズス会に入会,都や九州で布教に活躍し,細川ガラシア内藤ジュリアなどの改宗に力があった。父と共に医術にも心得があったという。イエズス会目録類に「Vicente Toin」とあり,「洞院」は現今のあて字であるため,疑義もある。

(大塚光信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

ヴィセンテ洞院の関連キーワードカブラル徳川氏ラムサール条約島差別平戸オランダ商館琉球王国薩摩藩の琉球侵攻池田光政恨之介和蘭

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone