コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュッセルドルフ デュッセルドルフ Düsseldorf

翻訳|Düsseldorf

6件 の用語解説(デュッセルドルフの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

デュッセルドルフ(Düsseldorf)

《「ジュッセルドルフ」とも》ドイツ中西部、ライン川沿いの商業・貿易都市。ノルトライン‐ウェストファーレン州の州都。鉄鋼などの工業が発達。人口、行政区58万(2008)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

デュッセルドルフ

ドイツ,ノルトライン・ウェストファーレン州の州都。ライン川に河港をもち,ルール産業地帯を背景にドイツの産業・金融の中枢。多くの日本企業が進出しており,居住日本人の数はドイツ第1位。
→関連項目レムシャイト

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

デュッセルドルフ【Düsseldorf】

ドイツ西部,ノルトライン・ウェストファーレン州ルール地帯の州都。人口57万3000(1995)。ライン川下流の右岸,一部左岸に位置。行政,経済,文化の中心地で,各種行政官庁や大企業の本社,大学や各種アカデミー美術館博物館,劇場,文書館等が所在し,芸術の中心地でもある。都心のケーニヒスアレーには高級商店やレストランが並ぶ。多数の日本企業の支店,出張所があり,居住日本人の数はドイツ第1位。郊外に鉄鋼,化学,ガラス工業の大工場がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

デュッセルドルフ【Düsseldorf】

ドイツ北西部、ライン川下流の東岸に臨む都市。鉄鋼・ガラス・化学などの工業が盛ん。ハイネの生誕地。ジュッセルドルフ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュッセルドルフ
デュッセルドルフ

ジュッセルドルフ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デュッセルドルフ
でゅっせるどるふ
Dsseldorf

ドイツ中西部、ノルトライン・ウェストファーレン州の州都。ライン川下流右岸にある国際的な商業・貿易都市。人口56万9400(2000)。南北の幹線鉄道に沿って位置し、オランダへ向かう鉄道の分岐点をなし、国際空港や河港を備える。そのためドイツのみならず諸外国の諸企業、金融機関が集中している。面積13万平方メートル余の見本市会場があり、婦人服、靴、ボートなど各種の国際見本市が開かれる。また国際会議もしばしば開催され、会議都市としても知られる。ドイツにおける最大の日本企業集積地でもあり、在住日本人数も市および周辺で約9000人余を数え(ドイツ最大)、日本の百貨店ホテルなどのある日本センターが所在する。工業では鉄鋼、機械、車両、電気機器、ガラス、印刷、化学などが行われる
 市はライン川右岸のデュッセル川が合流する地点にあった漁業集落に始まり、1288年に都市権を得、ベルク侯の居地となった。17世紀にはヨハン・ウィルヘルム選帝侯(1658―1716)が住んでバロック芸術の都として栄え、フランス革命時にはナポレオンによって都市改造がなされ、「小パリ」ともいわれた。19世紀にはドイツ・ロマン主義絵画のデュッセルドルフ派を生み出し、また詩人ハインリヒ・ハイネ(1797―1856)を輩出している。19世紀中葉から工業都市として発展し、1882年には人口10万を超え、1946年に州都となった。
 市の核をなすのは旧市域で、ライン川に接して16世紀の市庁舎、市場広場があり、通りは歩行者専用道路となり、バー、レストランなどが多く、訪問客が絶えない。業務街は旧市の東側を南北に走るブライト通りから東方の新市域にかけてで、その中間にある旧市の堀沿いのケーニヒ大通り(通称ケー)が中心商店街をなす。旧市の北縁に広がる旧宮廷の園地は緑地公園となり、美術館、州博物館、現代絵画館(旧狩猟の館)がある。郊外にはネアンデルタール人出土地や、ヨーロッパ最大規模のミニアチュール公園「ミニドーム」がある。[小林 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デュッセルドルフの関連キーワードブリュールミュンスターウエストファリアノルトラインウェストファーレンプリンツィパルマルクトフロイデンベルクポッペルスドルフ城ミュンスター広場ノルトライン・ウェストファーレンライン・ウェストファーレン石炭シンジケート

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デュッセルドルフの関連情報