コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一井鳳梧 いちのい ほうご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一井鳳梧 いちのい-ほうご

1616-1731 江戸時代前期-中期の儒者。
元和(げんな)2年生まれ。出雲(いずも)(島根県)の人。林羅山(らざん)にまなび,大坂ではじめて儒学をおしえる。まなぶ者は1200人にのぼったという。門人が聞き書きして「鳳梧論説」をまとめた。享保(きょうほう)16年7月25日死去。116歳。名は光宣。字(あざな)は桐助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

一井鳳梧の関連キーワード元和儒者

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android