コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一休咄 いっきゅうばなし

1件 の用語解説(一休咄の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いっきゅうばなし【一休咄】

仮名草子。1668年(寛文8)刊。4巻。編著者未詳。一休和尚の逸話集で,序文に《狂雲集》を俗解したと断っているが,あまり関係はない。一休の幼少のころのとんちばなしに始まって,蜷川(になかわ)新右衛門との交遊,関の地蔵に小便をかける話,タコを食う話など46話がある。笑話本として歓迎され,また《一休関東咄》《二休(じきゆう)咄》のごとき模倣書も作られた。一休の伝説化に果たした役割は大きい。【野田 寿雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一休咄の関連キーワード浮世物語可笑記仮名草子尤草紙狗張子因果物語仮名本新語園恵中辻原元甫

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一休咄の関連情報