コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一休咄 いっきゅうばなし

世界大百科事典 第2版の解説

いっきゅうばなし【一休咄】

仮名草子。1668年(寛文8)刊。4巻。編著者未詳。一休和尚の逸話集で,序文に《狂雲集》を俗解したと断っているが,あまり関係はない。一休の幼少のころのとんちばなしに始まって,蜷川(になかわ)新右衛門との交遊,関の地蔵に小便をかける話,タコを食う話など46話がある。笑話本として歓迎され,また《一休関東咄》《二休(じきゆう)咄》のごとき模倣書も作られた。一休の伝説化に果たした役割は大きい。【野田 寿雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一休咄の関連キーワード一休諸国ばなし一休宗純一休さん一休禅師仮名草子頓智話笑い話尻餅

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一休咄の関連情報