一元論・多元論(読み)いちげんろん・たげんろん(英語表記)monism, pluralism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一元論・多元論
いちげんろん・たげんろん
monism, pluralism

世界の根拠ないし実体を唯一の究極的原理に還元して考えようとする一元論に対し,2つ以上の実体を考えるものを多元論という。多元論の場合特に顕著なのは,2つの対立的な実体を立てて考える二元論であり,種々の類型がみられる。ただし,問題となっている実体に関して,その数について考察される場合と,その種類 (質) について考察される場合とは必ずしも一致せず,唯物論,観念論などの言葉はむしろ後者の例として考えられる。その区別は明確ではなく,一般的には一元論としてミレトス学派の自生的唯物論,パルメニデスストア学派など,また近代ではヘーゲルシェリングなどがあり,多元論としては,エンペドクレスデモクリトスなどの原子論がある。また特に二元論として形相と質料を原理とするプラトンアリストテレス,思惟と延長を立てたデカルトなどがあげられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android