コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一凍紹滴 いっとう しょうてき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一凍紹滴 いっとう-しょうてき

1539-1612 戦国-江戸時代前期の僧。
天文8年生まれ。臨済(りんざい)宗。堺(さかい)南宗寺の大林宗套(そうとう),笑嶺宗訢(そうきん)に師事,宗訢の法をつぐ。文禄(ぶんろく)3年大徳寺住持。のち南宗寺にもどった。沢庵宗彭(たくあん-そうほう)の師。慶長17年4月23日死去。74歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一凍紹滴の関連キーワード沢庵

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android