南宗寺(読み)なんしゅうじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南宗寺
なんしゅうじ

大阪府堺(さかい)市南旅籠(みなみはたご)町にある臨済(りんざい)宗大徳寺派の寺。山号は竜興(りゅうこう)山。本尊は釈迦如来(しゃかにょらい)。1526年(大永6)京都大徳寺75世古岳宗亘(こがくそうせん)の草創した南宗庵(あん)を、1556年(弘治2)に武将三好長慶(みよしながよし)が父の菩提(ぼだい)所とするため現地に移建し、開山は宗亘の弟子大林宗套(だいりんそうとう)である。当初は仏殿、山門、総門、大塔、法堂など堂舎完備したが、1574年(天正2)松永久秀(ひさひで)の乱入のため過半を焼失、さらに1615年(元和1)大坂夏の陣にふたたび兵火にかかり全焼。1619年第4世沢庵宗彭(たくあんそうほう)が岸和田藩主小出(こいで)吉英らの支援を受け、堂宇を再興し中興開山となった。徳川氏の外護(げご)により一時旧観に復したが、やがて寺運は衰微する。仏殿、甘露(かんろ)門は府指定文化財。有名な天文(てんぶん)版論語の版木を蔵する。

 当寺は茶人との関係が深く、境内には武野紹鴎(たけのじょうおう)・千利休(せんのりきゅう)の供養塔、利休好みの茶室と伝えられる実相(じっそう)庵がある。また、古田織部(ふるたおりべ)作の枯山水の庭園も名高い。

[平井俊榮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

なんしゅう‐じ【南宗寺】

大阪府堺市南旅籠町東にある臨済宗大徳寺派の寺。山号は龍興山。弘治二年(一五五六)三好長慶が父元長の菩提を弔うため大林宗套(だいりんそうとう)を開山に迎えて創建。たびたび兵火にあったが一二世沢庵宗彭により再興。千利休の墓があり、ゆかりの茶室実相庵(昭和三一年再建)がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なんしゅうじ【南宗寺】

大阪府堺市にある臨済宗大徳寺派の寺。竜興山と号する。1556年(弘治2)三好長慶が前大徳寺住持の大林宗套(だいりんそうとう)を開山に迎えて創建。その後,大徳寺派重鎮の禅僧が歴代住持となり,堺町衆の中に大徳寺のが浸透する拠点となった。1574年(天正2)松永久秀に焼かれ,1615年(元和1)大坂夏の陣の兵火で焼失,のち沢庵の努力で現寺地に復興。そのため沢庵を当寺中興のと仰ぐ。近世の寺領110石,堂々とした伽藍整備も成ったが,第2次大戦で仏殿山門などを残して炎上し,近時復興した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android