コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南宗寺 なんしゅうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南宗寺
なんしゅうじ

堺市にある臨済宗大徳寺派の寺。大永6 (1526) 年の創設と伝える。その後,三好氏,豊臣秀吉徳川秀忠などの援助を受けた。千利休茶室も移築されている。また天文版『論語』の板木を所蔵している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なんしゅうじ【南宗寺】

大阪府堺市にある臨済宗大徳寺派の寺。竜興山と号する。1556年(弘治2)三好長慶が前大徳寺住持の大林宗套(だいりんそうとう)を開山に迎えて創建。その後,大徳寺派重鎮の禅僧が歴代住持となり,堺町衆の中に大徳寺の禅が浸透する拠点となった。1574年(天正2)松永久秀に焼かれ,1615年(元和1)大坂夏の陣の兵火で焼失,のち沢庵の努力で現寺地に復興。そのため沢庵を当寺中興の祖と仰ぐ。近世の寺領110石,堂々とした伽藍整備も成ったが,第2次大戦で仏殿と山門などを残して炎上し,近時復興した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

なんしゅうじ【南宗寺】

大阪府堺市南旅籠町にある臨済宗大徳寺派の寺。山号、竜興山。1556年三好長慶が大林宗套だいりんそうとうを開山として創建。沢庵により再興。千利休・曽呂利新左衛門の墓がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南宗寺
なんしゅうじ

大阪府堺(さかい)市南旅籠(みなみはたご)町にある臨済(りんざい)宗大徳寺派の寺。山号は竜興(りゅうこう)山。本尊は釈迦如来(しゃかにょらい)。1526年(大永6)京都大徳寺75世古岳宗亘(こがくそうせん)の草創した南宗庵(あん)を、1556年(弘治2)に武将三好長慶(みよしながよし)が父の菩提(ぼだい)所とするため現地に移建し、開山は宗亘の弟子大林宗套(だいりんそうとう)である。当初は仏殿、山門、総門、大塔、法堂など堂舎完備したが、1574年(天正2)松永久秀(ひさひで)の乱入のため過半を焼失、さらに1615年(元和1)大坂夏の陣にふたたび兵火にかかり全焼。1619年第4世沢庵宗彭(たくあんそうほう)が岸和田藩主小出(こいで)吉英らの支援を受け、堂宇を再興し中興開山となった。徳川氏の外護(げご)により一時旧観に復したが、やがて寺運は衰微する。仏殿、甘露(かんろ)門は府指定文化財。有名な天文(てんぶん)版論語の版木を蔵する。
 当寺は茶人との関係が深く、境内には武野紹鴎(たけのじょうおう)・千利休(せんのりきゅう)の供養塔、利休好みの茶室と伝えられる実相(じっそう)庵がある。また、古田織部(ふるたおりべ)作の枯山水の庭園も名高い。[平井俊榮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

南宗寺の関連キーワード津田宗及(つだそうきゅう)茶道(ちゃどう)青森県八戸市長者曽呂利新左衛門万代屋宗安寸松庵色紙大阪府堺市武野紹鴎一絲文守沢庵宗彭北向道陳津田宗達銭屋宗訥銭屋宗安曾我直庵津田宗及立花実山堺(市)儀山善来立花大亀

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南宗寺の関連情報