コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三統暦 サントウレキ

世界大百科事典 第2版の解説

さんとうれき【三統暦 Sān tŏng lì】

漢の武帝の太初1年(前104)に太初暦が施行されたが,その暦法は前1世紀末の劉歆(りゆうきん)によって補修されて三統暦と名づけられ,王莽(おうもう)の新,後漢で用いられ紀元84年(元和1)まで使用された。三統暦では夏(か)を天統,殷を地統,周を人統とした三正循環説によって理論づけして,暦法上の法数に思想的な意味を与えた。三統暦の1回帰年の値は365日+385/1539日,1朔望月の値は29日+43/81日で,両者は19年7閏の法によって結ばれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんとうれき【三統暦】

中国、前漢時代、夏・殷いん・周三代の暦に基づいて劉歆りゆうきんが作成した太陰太陽暦。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三統暦
さんとうれき

中国の史籍に記載された最初の暦法。前漢の劉(りゅうきん)が、紀元前104年(太初1)から前84年(元和1)まで行われた(とうへい)の「太初暦」を増修したものである。太陽年を365+(385/1539)日、朔望(さくぼう)月を29+(43/81)日とし、ギリシアのメトン法と同じく十九年七閏法(しちじゅんほう)を採用する。1章19年は6939+(61/81)日となり、81章1539年を1統と称し、月の大小、閏(うるう)月はこれだけの期間をもって循環し、3統をもって日の干支(えと)も循環する。[渡辺敏夫]
『渡辺敏夫著『暦のすべて』(1980・雄山閣出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三統暦の言及

【中国天文学】より

…卵黄といえば球形であるが,実際には大地を平面と考えており,大地が丸いという考えは〈渾天説〉にもなく,地動説は明末にイエズス会士がヨーロッパ天文学を伝えるまで,中国人は知らなかったのである。 中国暦が〈天体暦〉の性格をもつようになったのは,〈太初暦〉を増補してできた前漢末の劉歆(りゆうきん)の〈三統暦〉からである。《漢書》律暦志に収録された〈三統暦〉には,水・金・火・木・土などの5惑星の会合周期の数値がほぼ正確に記載されており,これを利用して惑星の位置を計算している。…

※「三統暦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三統暦の関連キーワード太陰太陽暦渋川景佑中国暦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android