一分一厘(読み)イチブイチリン

デジタル大辞泉の解説

(多く、下に打消しの語を伴って用いる)ごくわずかであることのたとえ。ほんの少し。「一分一厘の狂いもない」「一分一厘違わない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙 (後に、打消の語を伴う) ほんのわずか。少しも。
※良人の自白(1904‐06)〈木下尚江〉続「以後源兵衛は一分一厘たりともお浪の前には頭の上がらぬ身の上となった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

ほんのわずか。少しも。

[使用例] 自分が、下腹部の滑らかな女である現実に一分一の疑いもなく満足して、やがて深い熟睡に落ちていった[石坂洋次郎を刈る娘|1947]

[使用例] もしも、一分一厘でも喰いちがいがあるとしたら、われわれは、ただちにそれを反省し、改めねばなりません[武田泰淳快楽|1960]

[解説] 後に、多く打消の語を伴います。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android