一向式(読み)イッコウシキ

デジタル大辞泉の解説

いっこう‐しき〔イツカウ‐〕【一向式】

[形動][文][ナリ]《「しき」は副助詞》まさにその状態そのものであるさま。まったく。まるっきり。
「此娘(このこ)はズー体ばかり大くッても―なお懐(ぽっぽ)だもんだから」〈二葉亭浮雲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっこうしき【一向式】

〔「一向」を強めていう語〕
( 副 )
全く。全然。 「それは-、箸にも棒にもかからねえのだ/滑稽本・四十八癖」
( 形動 )
物事が全く一つの傾向にあるさま。まるっきりの。 「儒者といふ奴は余程博識ものしりな者だと思つたら-なとんちきだぜ/滑稽本・浮世床

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android