コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一向 イコウ

デジタル大辞泉の解説

い‐こう〔‐カウ〕【一向】

[副]《「いっこう(一向)」の促音の無表記》ひたすら。
「その代はりに、―に仕うまつるべくなむ」〈玉鬘

いっ‐こう〔‐カウ〕【一向】

[名]一向宗(いっこうしゅう)」の略。
[副](「一向に」の形で用いる)
全然。まったく。「何を言われても一向に動じない」
(あとに打消しの語を伴って)ちっとも。少しも。「一向に存じません」「服装には一向に構わない」
ひたすら。いちずに。
「その儀では候はず、―御一家の御上とこそ承り候へ」〈平家・二〉
いっそのこと。むしろ。
「さもなくば―に時宗が首討って」〈浄・大磯虎〉
[形動][文][ナリ]《近世江戸語》話にならないほどひどいさま。全くひどいさま。
「今日は―なものさ。この腹ぢゃあ飲めやせん」〈洒・通気粋語伝〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっこう【一向】

( 名 )
「一向宗」の略。
( 副 )
(「いっこうに」の形でも用いる)
(下に打ち消しの語を伴って)
行為や状況に少しも動じないさま。まるきり。少しも。 「しかっても-こたえない」 「 -に驚かない」
以前からの状況が全く変わらないさま。 「 -元気にならない」 「 -に返事が来ない」
全く。 「 -平気だ」 「口が-に無調法な女であった/新世帯 秋声
ひたすらに。ひたむきに。 「唯本願をたのみて-に称名すれば/一遍上人語録」
いっそのこと。むしろ。 「 -に重忠と刺し違へて死なんとは思ひしが/浄瑠璃・出世景清」
すべて。全部。 「大小事-なんぢにこそ言ひ合はせしか/平家 10
( 形動 )
全くひどいさま。 「こつちらは-なものだ、とんだねき物(=売レ残リ)だ/洒落本・通言総籬」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の一向の言及

【専修念仏】より

…法然以前にももっぱら念仏を修して往生した人々はあり,往生伝が作られているが,それら念仏者は,諸行のなかの一つとしての念仏を修していた。法然の教説では,〈弥陀の一切衆生のためにみづからちかひたまひたりし本願の行なれば,往生の業にとりては念仏にしくことはなし〉(〈津戸三郎へつかはす御返事〉)と信じて,一向に修する念仏が要求されており,法然以前と以後とでは念仏観に質的相違があった。念仏は行者が選ぶものではなく,阿弥陀仏が選んだものであるゆえに絶対の価値があるとされた。…

※「一向」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一向の関連キーワード固まり法華に徒党門徒栃木県佐野市堀米町石川県白山市出合町栃木県宇都宮市西原加賀の一向一揆三河一向一揆一向一揆の里加賀一向一揆田原 法水言い退ける陳芬館読兼小松[市]雑賀一揆三河一揆鳥越城跡鉄梃親父長島一揆一向一揆すかまた隠れ念仏

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一向の関連情報